◆大切な妻を晒す◆

妻・梨奈(41歳)のソフトなエロ姿を 本人には内緒で友人達に晒したくてブログ開設しました♪ ていうか、実は友人達に「梨奈のエロ画見せてよ~」と せがまれ、熱意に負けました(>_<)

◆◆◆ は じ め に ◆◆◆

帯上【警告】
当ブログはアダルト的な内容を含むため、18歳未満の方の閲覧は固く禁止致します。
また、ブログに掲載されている画像の無断転用は厳禁です。(著作権侵害に相当します)
【運営方針】
このブログは「わいせつ電磁的記録媒体陳列」規制の主旨に賛同し、ルールを遵守するため、トップページ以外の全ての記事をパスワードにて管理させて頂いております。
【パスワード申請】
パスワードをお教えできるのは、最新記事へ感想コメントを書いて頂き、その際、「パスワード希望」と明記し、メールアドレス欄に記入(フリーメールでも可)して頂いた方に限らせて頂きます。(メールでのパスワード申請は御遠慮下さい)帯下
  1. 2025/05/25(日) 23:59:59|
  2. お知らせ

洞窟風呂の続きです!(・´з`・)

また、洞窟風呂かよぉ~( ゚Д゚)
なんて、ガッカリしてる方もいらっしゃる方も多いかと思いますが
当ブログは本来、パンチラと混浴(温泉)ヌードを柱に構成しているブログなので
どうか、お許しください。

前回の洞窟は夜でしたが、今回は朝食前のスッピンでの朝風呂の様子です。
とは言っても、洞窟内に外の光は入って来ないので、まったく区別が尽きませんね(-_-)



① まずは、洞窟風呂の、少しぬるめのお湯で気持ち良さそうに浸かっている梨奈です。
w仙仁12aa



② 2枚目は、別のお.風呂で、上から岩を伝ってお湯が流れているお風呂です。最初は源泉(熱い)かと思い、恐る恐る手で確かめた梨奈ですが、ヌルいお湯だと分かり、伝わり落ちてくるお湯に包まれてご機嫌で乳首を見せてくれました。
w仙仁12bb



③ 男女別の脱衣所を出ると、すぐ目の前(洞窟が男性・女性に分かれる手前)に広々としたスペース(30畳分ぐらい)があります。たぶん、そこで連れの女性と「じゃあね!」と別れたり、一緒に男湯に行くための待ち合わせ場所みたいな所なんでしょうね。その男女共用スペースの正面奥に、写真のような四角い入口のお風呂があります。入る前の上がり湯的なものと思われますが、ちょうど四角い入口が額縁のような感じになっていて、絵画の額縁に見立てて奥様の写真を撮ってた男性(奥様はもちろん湯浴み着を着用)がいたので、「こりゃイイや!私もやってみよう」(´▽`)♪とパクリ得意の私です(^-^) 梨奈の場合は、もちろん湯浴み着なんて不要に決まってます( ̄― ̄)ニヤリ 男女別の脱衣所の正面突き当りにあるので、ドアに人影が映るたびに梨奈は陰に隠れたりしながら撮りました(湯浴み着を着ないと怒られるので) まあ、何人かの男性には見られちゃいましたが、お風呂での裸は一切、梨奈は気にしませんからね。梨奈のお得意のポーズです。ウエストのクビレが強調されて私も気に入ってるポーズです(前回の記事で会得しました(*^_^*))
w仙仁12cc



④ 男女が落ち合う共用スペースから男湯(女性は入ってもいいのだ)に一緒に入った梨奈は、数ある洞窟の中で一つだ制覇していない(いつも人がいる)入ってない洞窟があり、どうせならコンプリートしたいと言うので行ってみたら運良く空いてました(^-^) 全ての洞窟に入って入浴した梨奈はか満足そうでしたよ(^-^) 洞窟内は少し広めで天井から勢いよく打たせ湯風の滝が流れていました。完全制覇してご満悦のカメラに向かって「どうだ!」と言わんばかりに下半身を突き出した変なポーズ♪ 梨奈はあくまで湯浴み着は断固拒否で、男性用更衣室にあるバスタオルを私が余分に持って来てそれを巻いていましたが、それまでも私に投げて寄越してこのポーズいかがですか?(*^_^*)
w仙仁12dd



⑤ 最後は脱衣所入口から陰になるように湯船を移動し、皆様に梨奈のボディがハッキリ見えるようにフラッシュ撮影です。女性は湯浴み着、男性は下半身のみの湯浴み着orバスタルを着用するのが義務で、ルールを守らないとホテルの方に怒られちゃうので、本当は見られても全然平気な梨奈なのですが、いちおう、いつでも隠せるように両手はバスタオルの端を掴んでいます。「どう? ここまで見せれば文句ないでしょ?」とでも言いたげな梨奈のドヤ顔、ボカシ越しに判るでしょうか? さて、話は変わりますが、やれ貧乳だ、ペチャパイだ、ちっぱいだと散々な言われようの梨奈ですが、皆さん、気のせいか、この写真の梨奈の乳房、小ぶりではありますが、いい形をしてると思いませんか? 私のお気に入りの一枚です。陰毛も黒々と、お湯が滴り落ちてる様子まで見えそうです。
w仙仁12ee



今回は、これで終了です。
洞窟風呂の記事が続いたので期待外れの方もいらっしゃるかと思いますが、元々がパンチラと混浴で立ち上げたブログですのでご了承くださいませm(__)m

これからも、皆さんに飽きられないように、手を変え、品を変え、「ソフトなエロスとフェティズムの融合」を追い求め、「イケてない妻を、いかにしてイイ女に見せるか?」という難題に取り組んで参る所存です!
いつか、このブログの存在が妻にバレて ブログを削除しなければならなくなる その日が来るまでは、一日でも長く、ひっそりと晒し続けて行きたいと思いますので、ぜひ、今後とも応援のほどよろしくお願いします!(^_^)/
「愛してるからこそ内緒で妻の恥ずかしい姿を多数のエロい男性の目に晒したい」という私の変態趣味にお付き合いいただき、ありがとうございました♪(^o^)丿

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

  1. 2022/07/31(日) 19:32:23|
  2. 温泉・混浴・露天風呂
  3. | コメント:50
次のページ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

梨奈の旦那

Author:梨奈の旦那
妻・梨奈は41歳、私は48歳の、結婚15年目になる夫婦です。(子供はいません)
私の紹介はどうでも良いと思いますので妻の紹介を…(^_-)-☆
梨奈は 167cm/49kg で、3サイズは上から 83(C-cup)-58-84 だそうです。(あくまで自己申告なので責任は持てません ^^;)

さて、ブログを開設したきっかけですが…
結婚も3年目を迎え、夜の生活もマンネリになってきて回数も減ってきたある夏、仲間たち(夫婦・独身合わせて11人)とコテージのあるキャンプ場に行き一泊。 夜、男衆で飲んでると、「今日、梨奈のパンチラ見えたで~」という話で盛り上がり、「俺だって今まで何回も見てるよ」「けっこうチラチラ見せてくれるよな」等々、結局、全員が妻のパンチラを見てた事に愕然とした私…
たしかに、デニム系の短めのスカートをよく穿いてるし、もちろん、私は妻のパンチラなんか飽きるほど見てきましたが、それは、あくまで「旦那の前だから」と思っていたのですが、まさか、友人全員に何度もパンチラ見られていたなんて、もう悔しくてショックでした!
しかし、そんな話を聞いているうちにムラムラと興奮し、大勃起している変な私…
部屋に戻り、妻に乱暴に襲いかかりました。
いつもと違う私に、妻が「どうしたの?何かあったの?」と聞くので、妻が全員にパンツを見られていた事を話したら、妻もかなりショックだったらしく、話の詳しい内容を執拗に尋ねるのでした。。
そうするうちに、だんだん妻が豹変して、私の上に乗り激しく腰を動かし、明らかに興奮しているのが分かりました。
時々、「〇〇君も見たのね、△△君にも見られちゃったんだぁ、□□君は見てどう思ったかしら?」などと呟きながら腰を前後に激しくグラインドしている妻を見て、「もしや、妻って見られて興奮するタイプ?」なんて思ったのでした。
実は私も、以前、知らない男に、男湯から女湯にいた妻を覗かれた経験があり、その時は何も言えず、ただ茫然と必死に覗いてる男を眺めていましたが、その時、激しく勃起している自分に驚きました。
私の場合は妻が見られて興奮するタイプなのでしょうね。

そんな事があって、それ以来、妻も「絶対に誰にも見せないと約束してくれるならいいわよ」と、旅先の宿や温泉でソフトなH撮影に応じてくれるようになりました。
妻はシャッター音に感じるタイプで、撮影の後は驚くほどグショグショに濡れていて、その後のHも痴女のように積極的になります。
普段は、声なんか出さないのに、Hな言葉を口走り、激しく腰を使い快感を貪る妻の姿を見ると、普段の清楚な妻とのギャップに唖然としてしまいます。

最近は、人の来ないような場所で、野外撮影するようにもなりました。

ただ、ここに来て、お互いの間に少し温度差が生まれてきました。
妻は「見られるかも知れないというドキドキ感や、人に見せられないような恥ずかしい恰好をしている屈辱感に快感を覚えるのであって、実際には、絶対に誰にも見られたくない(特に知っている人に)」というタイプだと分かりました。
私の方は、「自慢の妻の恥ずかしい姿を誰かに見て欲しい。できれば、妻の事を知っている人に!妻を大好きな友人達に喜ばれながら見せられれば最高♪」というタイプなのです。

そのうち私の中で、妻を晒したくなる気持ちが どんどん膨らんできました。
ここ数年で何千枚も妻のH画像を撮ってきましたが、約束は厳守し、友人達に一枚も見せた事はありません。
これからも、直接、誰かに見せたり手渡したりすることはないでしょう。
そこで、その私の気持ちを知った、友人達(妻のエロ姿が見たいという下心見え見えの)に押し切られて、ブログを開設するハメになった次第です。((+_+))
友人達全員に、ブログを教えているので、彼らは、好きな時に私の妻の恥ずかしい姿を思う存分見る事ができるわけです。
彼らが妻の恥ずかしい姿を嬉しそうに見ている姿を想像するだけで、下半身が爆発しそうになってしまうなんて、私は救いようのない変態ですね… (^_^;)

てか長過ぎだろ、このプロフィール!!

月別アーカイブ

カテゴリ

パンチラ&パンツ見せ (72)
温泉・混浴・露天風呂 (73)
野外(館内)露出 (67)
室内撮影 (41)
スペシャル号 (37)
ボツ画蔵出し (30)
コスプレ (21)
Panty Catalog (19)
お知らせ (14)
2人の世界 (4)
未分類 (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム